耳鼻咽喉科の医師募集の注意点と年収

耳鼻咽喉科医の求人・転職における注意点と年収

耳鼻咽喉科医の求人・転職には、他の診療科目と異なる注意点があります。年収についても、勤務地や経験、スキルなどによって大きく異なります。

注意点

  • 勤務時間:耳鼻咽喉科は、夜間や早朝の診療、当直があることが多いです。勤務時間の長さや、オンコール体制の有無などを事前に確認しておきましょう。
  • 専門分野:耳鼻咽喉科には、小児耳鼻咽喉科、頭頸部外科、アレルギー外来など、さまざまな専門分野があります。自分の興味やスキルに合った専門分野があるかどうかを確認しましょう。
  • 勤務地:耳鼻咽喉科は、都市部よりも地方の方が求人が多い傾向があります。希望する勤務地がある場合は、事前に求人情報などをよく確認しておきましょう。
  • 給与:耳鼻咽喉科医の年収は、勤務地、経験、スキル、勤務形態などによって大きく異なります。平均年収は約1,500万円と言われていますが、2,000万円以上稼いでいる医師も少なくありません。
  • キャリアパス:耳鼻咽喉科医は、大学病院、民間病院、クリニックなど、さまざまな医療機関で勤務することができます。将来的に開業したい場合は、開業支援制度があるかどうかなども確認しておきましょう。

年収

耳鼻咽喉科医の年収は、勤務地、経験、スキル、勤務形態などによって大きく異なります。厚生労働省の調査によると、2020年の耳鼻咽喉科医の平均年収は約1,500万円です。

  • 勤務地:都市部の方が地方よりも年収が高くなる傾向があります。
  • 経験:経験年数が長くなるほど、年収は高くなります。
  • スキル:専門分野や資格を持っている医師は、高年収を得られる可能性が高くなります。
  • 勤務形態:常勤よりも非常勤の方が高年収になるケースが多いです。

高年収を得るためには、都市部で勤務、専門分野や資格を取得、非常勤で勤務するなどの方法があります。

求人情報を探す

耳鼻咽喉科医の求人情報は、医師転職エージェント、病院のホームページ、求人情報サイトなどで探すことができます。

医師転職エージェントは、非公開求人を紹介してくれたり、面接対策をサポートしてくれたりします。希望に合った求人を見つけたい場合は、医師転職エージェントを利用することをおすすめします。

参考

  • 厚生労働省:医師、歯科医師、薬剤師の勤務状況等に関する調査(令和2年) https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000161146.pdf
  • 医師転職ドットコム:耳鼻咽喉科 https://www.dr-10.com/search_full/
  • m3.com CAREER:耳鼻咽喉科の医師求人・転職 https://careers.usa.m3.com/search/searchjobs
  • リクルートドクターズキャリア:耳鼻咽喉科 https://job-medley.com/dr/feature111/